どうしてもカードローンの審査に通りたい!

どうしてもお金借りる必要に迫られている時、とにかくローンの審査に通らなければなりません。ローンを利用する前には必ず申し込みをし、審査へと進むことで借りられるかどうかの判断をされるわけです。

 

審査が可決になれば借り入れができますし、否決になればローンを利用することができません。どのような状態なら審査が可決となるのか、あるいは否決となってしまうのか、これを知りたいものですね。

 

審査はローンを取り扱う各金融機関が行うものです。全く同じ審査が行われるのではなく、それぞれの金融機関が独自の基準をもって審査していきます。

 

何度申し込んでも審査に落ちてしまう…
審査基準が分かれば可決になる?

 

属性データで瞬時に判断できる

すぐにお金を準備したい時に利用しやすいカードローンは、たいてい保証人や担保が必要ないものなのです。申し込み者の属性データを点数化、スコア化することですばやく審査ができるのもカードローンの特徴でしょう。

 

この属性は信用度が高ければ借り入れしやすくなり、そうでない場合にはスコアは低くなってしまい借り入れできなくなってしまいます。

 

信用度が高いと考えられるのは、正社員で収入が安定している方、賃貸よりも持ち家の方、未婚よりも既婚の方、となっているなど一般での信用と大きく違いがありません。

 

また、カードローンでは過去の返済履歴が重視されます。返済遅れの履歴が残っている、債務整理などの履歴が残っているといった場合は、審査に通りにくいことは間違いありません。

 

ただし、お金を借りる際には収入だけではなくトータルで判断されることになるのです。何か一つだけ、例えば収入はとても高い方がいたとしてももしも延滞履歴が残っていたら審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

 

審査の後にはすぐ借りられる?
審査が甘いと言われるカードローンに申し込む

 

審査基準はブラックボックスである

審査の最も難しいところは、どういった基準で審査を行っているかは全く分からないことです。可決になった場合も、反対に否決になった場合もその理由を申し込み者は知ることができません。

 

可決になって借りられれば、もちろんその理由を追求して考える必要はないでしょうが、否決になった場合はその理由を考えて改善してから再度申し込みをしないとまた同じ結果になってしまいます。

 

否決になった場合は、原因をまずは考えてみましょう!

 

収入と支出のバランス、過去の返済や延滞履歴などを考えてから申し込みをすることは、実は最終的に返済のスケジュールなどを立てるためにも重要なこととなってくるのです。

 

審査に通らなかったからといって、次から次へと申し込んだり、同じカードローンに時間を空けずに申し込んだり、といったことは止めておくべきです。申し込みの記録は各金融機関だけでなく、返済履歴などを照会する個人信用情報機関にも残されているのです。

 

個人信用情報機関に残される申し込みの記録は6ヵ月となっています。その期間を待ってから再度申し込みをしなければ、同じ結果となってしまいます。

 

その間は、少しでも属性スコアが下がらないように転職を控えることなどにも気を付けましょう。あくまでも審査はトータルです、一点だけに注意しても良い結果が出ないことも多いのです。

 

CICは、割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関です。安全・ 安心・高品質なサービスを提供することにより、クレジットやローン市場の健全な発展に 貢献しています。
参照元サイト:指定信用情報機関のCIC