何度申し込んでも審査に落ちてしまう…

キャッシングやカードローンの審査が可決にならなかった、その後どうしても借り入れしたいのでまた申し込みをしたけれど同じように審査結果は否決になってしまった、こういった経験はないでしょうか?何度申し込みをしても借り入れができない、こんな状態に陥ってしまって困っているという方もいらっしゃるはずです。

 

可決にならないのにはそれなりに理由があります。その理由がはっきり分からないままの状態で、また申し込みをしても同じ結果になってしまう可能性が高いのです。審査が否決になる理由に一番多いと言われているのは、過去の延滞履歴です。

 

カードローンなどは信用貸しと呼ばれる担保や保証人がない状態でも借り入れができるという貸付方法を採用していることが多いのです。担保や保証人が必要ないかわりに、返済できなくなってしまうことに備えて少し金利が高めの設定になっていることもあります。

 

とにかく、この信用貸しで借りたければ信用度が高くないといけないのです。過去に返済しなかった人物は、また同じことをすると判断されてしまい審査に通らなくなってしまいます。

 

信用貸しではとにかく担保などを取ることができないため、利用者が返せない状態になると貸し倒れということになってしまいます。貸し倒れの状態が続くと、結局ローンを取り扱う会社などの営業に困難をきたしてしまうということになります。そのため金融業者は決して大きなリスクを冒そうとはしません。少しでも返せない可能性がある人物には貸付をしないわけです。

 

また、一度にたくさんの業者に申し込みをしてしまうことも、お金に困っていると判断されるため否決になりやすくなります。厳選して2社どれほど多くても3社までに申し込み先は抑えておくべきです。

 

何度申し込みをしても可決にならない方は、まず過去の借り入れや返済履歴について思い出してみる必要があります。心当たりがないのなら、過去の延滞履歴などが記録されている信用情報機関で自分の履歴を確認してみても良いでしょう。忘れていた延滞履歴などが残ってしまっていることもあります。